コースマネジメントとクラブセッティング

やさしいクラブセッティングに替えたらスコアがよくなった|ゴルフ100ぎり

更新日:

ゴルフ始めるに必要不可欠な「クラブ購入」や「セッティング」。

ただ「カッコイイ」「見た目が良い」「友達が使ってるから」と安易な気持ちで購入すると後悔する羽目になります。

悩んで、ゴルフショップに行き、試打したり、店員さんに聞いても、初心者の頃のスイングは、数か月で変化してしまうので、こだわっても正直、意味ありません。

 

この、投稿では、過去200万近くのお金をゴルフクラブ購入費に充て、にマッスルバッグを使って失敗した事例や、クラブセッティングを変えただけで、ゴルフスコアが平均5打以上、減った私の経験を元に、初心者に必要なクラブ選びのコツを伝授したいと思います。

 

クラブセッティングの重要性

「終わりよければすべて良し」のことわざがあるように、

 

ゴルフでは、「スコア良ければすべて良し」という考えが私の中にあります。

どんなに、ボールを曲げても、OBを打っても、3パット叩いても、ベストスコア更新すれば、結果オーライなのです。

 

綺麗なスイングプレーンでスイングできても、ヘッドスピード30台の人が、エックスシャフト使っていても、ボールは上がるはずもなく、ゴルフがつまらなくなるばかり、、、

100切りを最短で切りたいのであれば単純に、「クラブセッティング」を見直すべきです。

 

実際に、やさしいクラブ変えただけで、スコアが10以上縮んで、ベストスコア更新した仲間もいます。

 

終わりよければすべてよし!スコア良ければ全てよし!にするために必要な事とは?

 

マッスルバックは絶対使うな!

 

確かに、見た目はかっこよく、キャディバッグに、マッスルバックは入っていると「シングルプレイヤー」に見える。

 

私は、カッコよさだけを重要視した時期があります。

 

その時は、アベレージが80台中盤の頃で、

 

90を叩くこともあまりなく、

 

時には70台が出るようになった頃に、

 

カッコよさだけで、セッティングを変えた経験があります。

 

その時のクラブセッティングがこちら。

OEM製造メーカー、遠藤製作所の「エポンのマッスルバック」に変更。

 

アイアンを変えたことで、恐怖のスランプに陥ることになるとは、この時は全く思ってもいなかったのです。

 

今でも、簡潔に言えますが、アマチュアは「マッスルバック」は使うな!ということです。

 

マッスルバッグのデメリット

先ほどの、クラブに変えたことで、様々なデメリットが生じました・・・それは、

  • ボールが飛ばない
  • 飛距離が落ちる
  • スコアが落ちた・・・

もう、ゴルファーにとっての、夢と憧れを打ち消された瞬間でした。

ボールが飛ばない原因は、芯に当たらない・・・

そのために飛距離は落ちて、番手の距離感が狂いました。

 

今まで、ピッチングで、平均115ヤードほどのポテンシャルだったのが、

 

実に、、、100ヤード。

 

これは、ロフトが前のクラブより、ねてたと言う原因もありますが、それにしても、安定感がありませんでした。

 

今も使用してる、52度のウェッジと飛距離変わらず・・・

 

そのために当時は、50度のウェッジ購入したり色々と、試行錯誤しましたが、、、

 

平均アベレージも、落ちてきたので、以前のクラブに差し替えました。

 

 

掴まりがよく、易しいクラブを選べ!

元々、使用していたクラブに戻して、見栄を張った、マッスルバックは、ヤフオクへ、、、(笑)

 

*写真は15本、入ってますが、ウッド・UTのどちらかを抜いて14本のセッティングにしています*

戻したセッティングは、同じく「エポン AF-502」

 

キャビティの中でも、アンダーカットキャビティと言われる種類で、

 

一言で言えば「簡単」です。

 

ボールも上がる、操作性もそこそこ、ソールも少し広めなので、易しさがあります。

 

2018年7月現在も、このセッティングですが、これから、先も、金属疲労でも起こさない限り、替えるつもりはありません、(笑)

 

簡単で掴まりの良いクラブは、多々ありますが、私はこのセッティングで十分です。

 

難しいクラブよりも、易しいクラブに出会うようにしてください。

 

絶対に「マッスルバック」はダメですよ。

 

⇒ クラブセッティングの次は100切りだ!はこちらから

 

パターも重要!

 

パターの形状も、色々な種類があります。

 

パターは見た目重視、構えやすさ、打感でも、自分が気に入ったものが、一番良いでしょう。

 

私は、すべてを重要視して、最後にはオーダーで作成(笑)

 

ピンタイプのパターは苦手なので、かまぼこ型のセンターよりシャフトにしています。

 

 

パターはゴルフショップで試打して決めてください。

 

その時に、自分に一番合うな~と思うタイプをずっと使い続けるといいと思います。

 

まとめ

ゴルフ、初心者、上級者でも、マッスルバックを使うにはリスクばかりです。

 

私も周りの、シングルプレイヤーは、難しいクラブよりも、簡単なクラブを使っている人が多いです。

 

プロでも、マッスルバックの使用率は、世界に比べ多くはありません。

 

プロゴルファー全員が使ってないのが解れば、難しいクラブセッティングにしなくても大丈夫ですよね?

 

 

ゴルフは、難しくするよりも、いかに易しく、楽しく回るのが一番です。

 

終わりよければすべてよし!

 

スコア良ければすべてよし!!

 

の、気持ちでラウンドしてみてくださいね。

 

スコア良い方が、絶対にたのしいですから(^^)

 

 

-コースマネジメントとクラブセッティング

Copyright© ゴルフ100切りを最短達成する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.